税金関連の法律は税理士に相談しよう

CONTENTS

法律は税理士にお願いしましょう。

近頃法律も色々と難しくなってきました。特に税金のことは、追徴課税の対象になるからけっこう怖いですよね。実際のところ、節税と脱税のラインは微妙なところもあります。脱税したいわけではないのに、本によっては節税と書いていることが現実では脱税になっていたり、法務局のそれぞれの人によってもずいぶんと扱いは違ってくるようです。グレーな部分が多いと、素人はなかなか自分で解決することができないし、やっぱり法をおかしたらという不安も拭い去れません。そうでなくとも、みんなが知っているような大手の会社でも、たまに税に関して新聞をにぎわせたりします。当然専門家もたくさん雇っていることでしょう。それでもそういう危険があるぐらい税って難しいんだと思います。

そんなときはやっぱり税理士かなあって思います。プロのアドバイスがあれば心強いですし、何より知識も豊富だから、いろんなパターンにも対応してくれそうですよね。頼れる税理士は1人は味方につけたいものですね。いろんな相談をしているうちに、自社に一番あった形が見つかると思います。また、事前に経費を考えながら上手く使っていくことができたら、上手な節税につながると思うんですよね。

お役立ち情報

Copyright (C)2017税金関連の法律は税理士に相談しよう.All rights reserved.