税金関連の法律は税理士に相談しよう

CONTENTS

法律上で税理士に節税の方法として青色申告をする

事業を行っている人がいると思います。専業的に行っていることもあれば、副業として行っていることもあるでしょう。専業の場合は、給与所得などがない状態です。副業の場合は、給料などをもらいながら、更にビジネスなどを行って収入を得ている状態です。給料だけをもらっているなら、確定申告の必要はありませんが、それ以外においては、確定申告が必要になります。給料をもらっていて、副業をしている人も同様に行わなければいけません。

この時税理士に節税の方法を聞くことにしました。節税とは、法律に則って税金を少なくしたり、払う時期を遅らせる事ができるものです。事業を行っている場合には、事業所得が発生します。この部分から、経費を増やすことで税金を減らすことができるとのことです。最も簡単なのは、青色申告をすることだそうです。通常は白色の申告書で提出しますが、青色の書類を使います。それだけで控除額を増やすことができます。経費が増えるのです。

実際のところは、単に用紙を変えるだけではありません。帳簿をつけたりする必要があります。それが大変と思うこともあるようです。簿記の方法なども理解しなければいけません。1度してみると、簡単であることがわかります。

お役立ち情報

Copyright (C)2017税金関連の法律は税理士に相談しよう.All rights reserved.