税金関連の法律は税理士に相談しよう

CONTENTS

不動産収入を法律上減らす方法を税理士に相談

不動産業については、地主さんが行うもののイメージがあります。しかし、今はサラリーマンでも不動産業を営んでいることがあります。物件が近くになくても、不動産収入を得ることができるのです。サブリースなどを利用すれば、ほとんど何もしなくても収入だけが得られるようなこともあります。ローンで物件を建てたとしても、ローンの返済が終われば後はどんどん収益のみが積み上がることになるのです。しかし税金のことは考えておきたいです。

そこで税理士に不動産収入を法律に基づいて減らす方法を聞いてみました。不動産収入の主なものとしては、家賃と礼金があります。これらについては、受け取った時に収入になりますから、減らすことは難しいです。減らせるものとしては、敷金があります。敷金は通常は収入ではありません。借り主から預かるものです。しかし、原状回復のための費用として、差額分を返還することになっています。返還しない部分は収入にしなければいけません。

この時、いつ収益にあげるかで、最初に多くあげておく方法と、分散させる方法があります。もし、最初に多くあげている方法なら、分散させる方法を取ることで、売上をその分減らすことができます。件数によって変わってくるでしょう。

お役立ち情報

Copyright (C)2017税金関連の法律は税理士に相談しよう.All rights reserved.